どうしてお金が足りなくなる?

どうしてお金が足りなくなる?

しかーし、理由はどうであれ借金の額が以上に高ければ、これはこれでヤバい。
返済に給料のほとんどが消えてしまって生活できない→助けて〜→家賃や光熱費が払えない→なんてことになる。
親に泣きついたり、自己破産するヤツもいる。

 

お金を借りる場合の理由で多いのが、生活費の補てんや急な出費だ。
共通するのは、給料前にお金が足りなくなったというものだ。
やっぱり、人付き合いもあれば、急に病気になって病院代掛かったり、いろんなことがある。
お金をいつでも借りられる状況は大変ありがたい、おっさんも困ったときはお金借りたいぞ。
でも、大事なのはお金を借りる理由や返済方法についてだ。
しっかりと考えておかないといけないぞ。

 

毎月の返済額が生活費からねん出できるくらいの額にしておかないと大変なことになるし、もし臨時収入やボーナスなどが出たら一気に返済することも可能だ。というより、返済した方がいい。返済期日を短くすることは利息を少しでも少なくする一番の方法なのだ。
ボーナスが出たら、欲しいものもあるかもしれないが、優先順位をしっかり考えよう。
返済が終われば、また欲しいものを買えばいいんだし、それまで物欲が無くなる可能性の方が高いだろう。